高齢者の健康

規則正しく

日本は、長寿大国といえます。男女ともに、とても健康に長生きをしているかたが多いのです。

実際に私の祖父は、もう92歳になりましたが、とても元気でいまだに自転車にしゃきっと乗っています。

長生きをするためにも、どのようなことに気をつけていれば良いのかということを、少し前に聞いたことがあります。

すると、何事も規則正しく、と言われたことを覚えています。

食事は一日三回、時間も規則正しくなるようにしているようです。

そして決して食べ過ぎることなく、腹八分目になるくらいで抑えているそうです。

これが私には難しいポイントなのですが、食べ始めると特に好きなものはとめどなく食べてしまうんですよね。

若い方は朝食を抜いているかたも多いと思いますが、高齢者のかたは大半のかたがしっかりと朝食を食べていると思います。

朝ご飯をしっかりと食べるというのは、一日のエネルギーを十分に摂取することとなり、脳も十分に働くようになります。

祖父母と一緒に旅行に行ったとき、朝からなんでもよく食べるなという印象を受けたことがありました。

その時は、わたしも朝食を抜いてしまうことが習慣になっていたので、祖父に叱られたのです。

目安としては、高齢者のかたは一日におよそ2000キロカロリー弱を摂取することがおすすめです。

いついつまでも、健康に毎日を過ごしていきたいですね。

高齢者の健康【関節痛・成人病・高血圧】メニュー