高齢者の健康

タバと健康

日本でもタバコが原因で亡くなっているかたは、とても多いといえます。

実は事故で亡くなっているかたよりも、タバコが原因で亡くなっているかたの方が、はるかに多いのです。

最近は、タバコの値段も上がっているので、禁煙をされているかたも増えました。

しかし、いまだに愛煙家のかたがまったくいないというわけではありません。

タバコが体に悪いというのは、皆さんも確かにご存知の情報だと思います。

タバコは発がん性物質を含んでいますので、やはり健康には良くないのです。

タバコは、吸っているひとのみんらず、周りの方たちへの影響もとても大きいといえます。

禁煙が叫ばれている今でも、やはり昔からタバコを吸っているかたが突然やめるというのはきっとむずかしいことなのですよね。

高齢の方でも、やはりタバコを吸っているかたは多いでしょう。

むしろ、もしかすると若い方たちの方が禁煙を意識されているかもしれません。

タバコは、多くの病気を引き起こす可能性をもっているものです。

がんだけではなく、白内障などにも影響してくるのです。

そして、老化も促進させてしまいます。

肌の老化だけではなく、もちろん脳などの老化にも影響があるといえます。

高齢者のかたは、ただでさえ病気になりやすくなりますから、出来ればタバコは早めにやめておいた方が良いといえるのではないでしょうか。

高齢者の健康【関節痛・成人病・高血圧】メニュー